瀬戸内で外国人の仲間と一緒にビジネスしよう! サムライカレー@瀬戸内

海外で、外国人を雇って、外国人相手のビジネスをやってみよう!

と、カンボジアのカレー屋で、カンボジア人相手のビジネスに挑戦する「サムライカレープロジェクト」

がしかし!
年間300人以上が参加するこの人気プログラムは、コロナの影響で2020年3月から休止中!

社長自ら「人気プログラム」って言うんですね。

そこで、2021年2月3月は、日本国内とオンラインでサムライカレーを体験できるプログラムを作りました!

オンラインプログラムに興味がある方は、こちら

突っ込みには動じないスタイルですね。

日本屈指の晴天率を誇り、静かな海と、豊かな緑に囲まれた瀬戸内地方

そんな、岡山県瀬戸内市に、外国人160人がITとビジネスを学んでいる専門学校があります。
サムライカレー@瀬戸内の舞台はこの、日本ITビジネスカレッジです

学生の国籍は、カンボジア、スリランカ、インド、ネパール、バングラデシュ、ベトナムなどなど、アジアを中心に多岐にわたっています。

皆さんには、この学校の学生と一緒に、外国人の学生が喜ぶお祭りを作っていただきます。

なんか、楽しそう!

プログラム内容

皆さんには、瀬戸内の島「前島」にある研修施設「カリヨンハウス」に宿泊していただきます。


プログラムは1月に3日間のオンライン事前学習 + 2月に1週間の現地合宿で構成されます。

そして、参加者である日本の大学生・高校生6-10人 + 外国人学生 2人 = 合計8-12人 1チームで活動をします。

私たち、日本語でITやビジネスの授業を受けてるので、日本語話せます!

そして、チームのみんなには、
外国人留学生と一緒に、外国人留学生が喜ぶお祭りを開催してもらいます!

皆さんは、与えられた予算を使って、日本ITビジネスカレッジの学生が喜ぶようなイベントを作ります。そこで、50人以上の学生に参加してもらう事が目標です。

イベントを開催するのは土日であるため、学校はお休み。
しかし、学生はバイトがあるので忙しいです。家からお祭りの会場にはちょっと距離がある人がほとんどなので、魅力的なイベントでないと来てくれません。

そして、日本人の大学生と、外国人の留学生では、求めているものが違います。
彼らが何を求めているのか。チームメイトの留学生に話を聞いたり、それ以外の留学生とLINEやメールなどで会話をしたりして、彼らが喜ぶイベントはなにかをみつけましょう。

そして、そのイベントを、どうやって宣伝するか?LINEで口コミを狙うか?FacebookやInstagramに広告を打つか?動画を作ってYoutubeに投稿するか?
いろんな方法を考えてみましょう。

そんなこと言われても、何から手をつけていけばいいのか…。

大丈夫!
プログラム中に、講義形式で、プログラムでは、ヒアリングの仕方やマーケティング、広告の打ち方など、業務に必要なスキルを教えます!

習ったことを、すぐに実戦で使うことによって、ビジネスを作る。
そんな、濃い経験を1週間でしていただきます。

.

スケジュールと費用

期間はどれくらいですか?

1月にオンラインの講義を2回。
そして、岡山県瀬戸内市で、2月9日(火)-15(月)の6泊7日の合宿研修を行います!

合宿研修の最初の3日間は午前講義、午後実践を行います。 金曜日はイベント準備、土日でイベントを実施します。 月曜日には、イベントの内容を振り返り発表会を行い、午後に解散します。

でも、お高いんでしょー

費用は、研修費用、宿泊費(6泊)、朝・昼・夕食(各6回)、現地の交通費込みで、

Go Toキャンペーン使って、78000円!

(Go toキャンペーンは1月末で終了予定ですが、延長される可能性が大です)

冬でも暖かい、晴天率日本一の岡山県瀬戸内市で、外国人の仲間と一緒に、外国人相手のビジネスを体験してみよう!

楽しそう!

しかも、この体験を就活に活かすための、就活講座4時間分の動画もついてくる!

至れり尽くせりですね!

詳しい資料の請求、お申込は、こちら!

費用に含まれるもの
宿泊費(6泊)、食費(朝昼晩 各6回)、岡山駅以降の交通費、プログラム費用、お祭りの出店費用・商品の材料費など

費用に含まれないもの
岡山駅までの交通費、3食以外の生活費など

※プログラムは、新幹線岡山駅集合・岡山駅解散になります。
※現地で、クーポン券8000円分をお渡ししますので、こちらで宿舎内の昼食を食べていただくことになります。余った分は、お土産の購入などに使えます。

What’s New