Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

サムライカレープロジェクトに関する、よくある質問です。
一般的な質問、お金に関する質問、質問に関する記事の3部構成になっています。

faq

一般的な質問と回答

Q01. 英語ができませんが、参加できますか?

A01. 可能です。必要なのはチャレンジ精神です。

英語が全く駄目な人も参加しましたが、日本語が話せるカンボジア人スタッフを通訳として使ったり、身振り手振りで伝えたりと、英語ができないなりにコミュニケーションをとる方法を身体で覚えることができます。
多くの研修生は「コミュニケーション力≠語学力」であることが分かったと言って帰ります。

語学力はないならないでやりようがあるということを、身体で学んでください。 ただ、もどかしさは残ると思うので、それをモチベーションに、帰国後英語を勉強してください。
また、現地で英語学習もできる、「サムライイングリッシュチャレンジ」もありますので、これを機に英語で仕事をすることになれてください!

Q02. 料理ができませんが、参加できますか?

A02. 可能です。料理は基本カンボジア人スタッフが行います。

サムライカレーレストランの運営は、レストラン勤務経験のあるカンボジア人スタッフを使って運営しています。お客様に提供する料理は基本的に彼らが作りますので、料理ができなくても参加する事は可能です。

ただし、試作品を作ったり、カンボジア人スタッフたちといっしょに作り方を研究するためには料理ができるに越したことはありません。

Q03. 現地で英語は通じますか?

A03. それなりに通じます。

観光客が行くようなところであれば大体英語は通じます。
それ以外の場所ではクメール語オンリーですが、上記の様な方法でなんとかなります。 旅の指さし会話帳 カンボジアなどを使って会話することもできますし、人によっては2週間くらいで簡単なクメール語を覚えてしまいます。
業務で使う単語はそれほど多くありませんので。

Q04. 40代ですが、参加できますか?

A04. 可能です。19歳から44歳まで参加してます。

44歳で初めてパスポートを取った方も参加し、1ヶ月間楽しんで無事に帰国しました。日本とは全く違う環境とはいえ、普通の都市ですので、大きな不自由なく暮らせます。

Q05. 病気になったときはどうすればいいですか?

Ao5. プノンペンには、日系の病院があります。こちらに通院できます。

カンボジアの衛生状況はそれなりですので、今まで、風邪で2,3日寝込んだ人はいますが、大きな病気にかかった人はいません。しかし、万一病気になったときにも、日系総合クリニック「Sun International Clinic」があり、ここで診察を受けることができます。

exterior

さらに、日本人医師が20人以上、日本で研修を受けたカンボジア人医療関係者が100人以上在籍する総合病院、Sunrise Japan Hospital も開業し、大きな病気にも対応できるようになりました。

海外旅行保険に入っていれば、キャッシュレスで診察を受けることができるので安心です。 病院への案内などは、サムライカレーの現地スタッフがご案内いたします。

 

Q06.治安は問題ありませんか?

A06. プノンペンはそれなりの治安ですが、スリなどには気をつけてください。

プノンペン市内は、一部地域を除いて日中は普通のアジア諸国の首都と同レベルの安全性ですが、油断はしないようにしてください。サムライカレーでは夜間の一人での業務は行なわないようにしておりますので基本夜間は出歩かないようにしましょう。

また、携帯電話などを狙うスリなどはおりますので、身の回りのものには注意してください。スリなどの被害に遭ったときも、海外旅行保険に入っていれば、保証されます。警察への届け出なども、スタッフがお手伝いいたします。

また、交通事故などによる怪我が一番心配ですが、一心.co.ltdが提供する24時間駆けつけサービスに加入しておりますので、24時間いつでも日本語が使えるスタッフが緊急対応してくれます。
Q07. 現地の食事は口に合いますか?

A07. 日本食、中華、イタリアン、クメール料理などなんでもあります

サムライカレーのような日本食料理屋もたくさんありますし、3ドルくらいから食べられる安くて美味しい中華料理屋や、イタリア人が経営するイタリアンなど、様々な料理が食べられます。 また、イオンモールの中にはワタミや吉野家までありますので、食事の選択肢は非常に多いです。

 

Q08. カンボジア人との出会いはありますか?

A08.様々なカンボジア人との出会いがあります

お店のスタッフはもちろんですが、取引先や運転手、お客さんなど様々なカンボジア人との出会いがあります。
カンボジアの大学での販売なども行っています。 ぜひ、現地人との交流が生まれるような企画をたてて実行してください。

 

Q09. 現地で就職できますか?

A09. 現地の人材会社を紹介しますし、現地起業家の人に直接交渉もできます

サムライカレーには毎日の様に現地の起業家の人がいらっしゃいます。 彼らと話をしていると、どんな仕事ができる人が欲しいかを語ってくれるので、ご自身のスキルや志向とあえば、現地で就職も可能です。

また、現地の人材会社とも繋がりがありますので、ご紹介いたします。 実際、サムライカレー終了後に、プノンペンで就職した受講生もいます。
参加者の声: カンボジアが好きになりすぎて、カンボジアで就職しちゃいました

さらに、サムライカレーでであった起業家の元で働く事になった大学生もいます。
参加者の声: 1年半、カンボジアで修行することを決めました!

また、カンボジア以外の国で働きたい、どんなところで仕事をすればいいか分からないという人も、現地在住の海外就職研究家が、ご相談にのります。

 

お金に関する質問と回答

Q01. 宿泊費はいくらかかりますか?

A01. 希望者は店舗の宿舎に無料で宿泊できます。

男女別、原則2人1部屋。エアコンありです。

 

Q02. 航空券代はいくらくらいかかりますか?

A02. 格安の航空会社を使うと3.4万-5万円くらいで、成田-プノンペン往復航空券が買えます。

航空券探しには、skyscannerというサイトを使うと便利です。
ある日の、東京-プノンペンの往復航空券検索結果を載せておきます。

ss-390x300

また、ANAによる直行便も発着しています。
お値段も、キャンペーンで往復46400円〜とリーズナブル。
乗り継ぎに不安がある方は、こちらがおすすめです!

通常はご自身で取得いただきますが、提携の旅行会社を通じてパッケージツアーとしてご参加頂くことも可能です。ご希望の方はお問い合わせ下さい。

 

Q03. 生活費はいくらくらいかかりますか?

A03. 1日10ドル(1050円)程度。28日で30000円程度です。

食費は、朝食:75円〜200円程度、昼食:1-1.5ドル(店舗のカレーなどを特別料金で支給)で、夕食は、普通のレストランで200-500円程度、寿司を食べてお酒を飲んでも1500円程度です。

従って、遊びに行ったり、お土産を買ったりしなければ、1日平均10ドル以下で生活が可能です。もちろん、研修時間以外は自由に行動できますので、その時にかかるお金は用意する必要があります。

上記の金額は、最低限必要な金額と考えて下さい。

 

Q4. ビザ代はいくらかかりますか?

A4. 30ドル(約3150円)です。

カンボジアの国際空港(プノンペン、シェムリアップ)でビザは簡単にとれます。価格は1ヶ月で30ドルです。(2014年10月に値上げされました)

ビザの期間は1ヶ月(5月1日入国であれば、6月1日まで)になりますので、4週間(28日)のサムライカレープロジェクトでは延長の必要はありません。
プログラムの前後の観光などで1ヶ月以上滞在する場合は、45ドル払って延長するか、1度国外(例:ベトナムホーチミンにはバスで6時間8ドルで行けます)に出て、再入国する必要があります。

 

Q5. 航空券、宿泊費、生活費を含む、総額でいくらかかりますか?

A5. 4週間コース約25.4万円になります。(1週間約15.6万円、2週間18.2万円です)

(参加費 : 18.1万円(早割適用・消費税込),往復航空券 : 4.0万円の場合)

内訳は、参加費18.1万円、往復航空券4.0万円、生活費3.0万円、ビザ0.3万円の合計25.4万円です。
同様の計算で、2週間コースが約18.2万円、1週間コースが約15.6万円です)

早割などが適用されず参加費が上振れする場合、
航空券が上記価格より高かった場合、
現地でご自身の活動でお金を使う場合、
為替レートが変動した場合、

その分が追加になります。
上記は、3食、宿泊、研修の最低費用とお考えください。

 

Q6. お金はどのように持っていけばいいですか?

A6. USドルの現金を日本で用意して持ってくることをお勧めします。

(日本国内の金券ショップなどで両替できます)

カンボジアでは、USドルが普通にどこでも使えます。
もちろん、日本円でもってきて、カンボジアの両替所で両替することも可能です。
クレジットカードも持ってくることを推奨しますが、使える場所は少ないです。ATMでキャッシングして、USドルを引き出すのに使えます。新生銀行などの国際キャッシュカードも同様に使えます。

※上記は2016年11月1日時点での記載になります。1ドル=105円で計算しています。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone