卒業生に聞く!就活でこんなことをやったよ!インタビュー

就活の理論はともかく、実際はどうなの?
ということで、某商社に内定を取った卒業生、成瀬君に、実際どんな就活をしたかをインタビューしてみました。

ちなみに、今、ユーラシア大陸を飛行機を使わずに横断旅行中なので、滞在先のサハラ砂漠で話を伺いました。

 

Q. 就活で特に困ったことは何ですか?

A. 就活生がやらなければならないことは沢山あるけど、大きく分けると
①業界研究
②企業研究
③自己分析の3つになると思う。

この中でも自己分析が1番苦労した。理由は、業界研究や企業研究はある程度終わりが見えるけど、自己分析に終わりはない。答えもない。答えが出ないと気が済まない性格なので苦労しました。

Q. 自己分析はどのようにしていましたか?

A. 引き出しは沢山あるけれど、誰かに聞かれないと引き出しに入っている情報をうまくアウトプットできない人間なので、友達やキャリアセンターのスタッフの方との対話を通じて自己分析を行なっていた。

Q. 自己分析をする中で意識していたことや気をつけていたことはありますか?

A. 質問に対する自分なりの答えを見つけてもそこで止まるのではなく、Why?Why? を繰り返してどんどん深掘りをしていた。どんなことでも、思いついたらメモを取る。

Q. 自己分析で参考になった書籍などあれば教えてください。

A. 絶対内定シリーズ

Q. 自己分析と他己分析はどのように違いますか?

A. 自分が弱みだと思っていることも実は他人から見たら強みだったりすることもある。
それを知ることができるのがメリット。

ただ、結局自分を1番知っているのは自分。
他人のアドバイスは参考にさせてもらう程度に思っておくべき。

Q. 最後に就活を頑張る学生に応援メッセージをお願いします。

A. こんなにも自分について、自分の将来について真剣に考える期間は人生でもあまりありません。もちろん、スーパーポジティブの僕でも就活始めたての頃は結構辛かったです。

それは、やり方を知らなかったからです。でも、就活はコツさえ掴めば楽勝です!楽しいです!壁にぶち当たっても、家にこもってないで外にでて説明会に行ったり、友達と自己分析をしたり、面接に行ったりしてください。

だんだんコツを掴んできて楽しくなってくるはずです!特に面接は、自分の実現したいこと、夢を面接を通じて他人に聞いてもらえる素晴らしい時間です。
この就活期間を世間が考えるように悲観的に捉えるのではなく、大切かつとても楽しい期間である事を忘れないでください!応援しています!!

 

就活イベント 2019年12月 開催!

2019年12月15日 サムライ就活イベント開催決定(スペシャルゲスト登壇) 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL