参加者の49%が女性!サムライカレー女性参加者インタビュー

サムライカレープロジェクトは、2018年の参加者のうち女性が49%でした。

カンボジア=地雷と貧困=危険 というイメージにより、参加したくても親からストップがかかるなんてことが多かった初期と比べて、隔世の感があります。

ちなみに、2018年3月1期は、女性18人、男性2人でした。

実際問題、海外で活躍している日本人女性は非常に多いですし、環境適応力も女性の方が高いです。
多くの女性は、「珍しい場所」「体験した事の無い場所」「勇気が必要な冒険」をしたがっているのです。

また、サムライカレーでは女性が参加しやすいように、エアコンホットシャワー付きのきれいな部屋を住居としていたり

女性専用洗濯機や共用ドライヤーを増設したり、女性スタッフを採用したり

と、安心して参加できるよう環境も整えています。

そんなサムライカレーに参加してくれた女性陣のインタビューをどうぞ!

山口和歌子さん 〜 おかめ、焼き鳥、流しそうめん!既存の枠に囚われない商品開発を行いました!

サムライカレー を通じて、過去の自分から脱却。これからの自分に繋がっていく第一歩!

マーケティング理論を実践できた海外インターン生活|中山佳南さん。

三澤麻里奈さん〜両親に反対され、失敗を繰返し、それでも行って良かった!

売れなかった前夜祭から全てを考え直したニューイヤーコンサート 〜 黒岩 菜湖さん

岡優奈さん 「屋台買って」と頼んだら買ってもらえました。1万5千円で。

島田楓さん 〜「ヤバイところに来てしまった…」と大後悔しましたが、1週間で慣れました

桑原亜佑子さん~「与えられたことだけをする」からの卒業

田中祥子さん 〜 短時間で追い込まれるという環境が、やるべきことを見つけてくれました

動画もどうぞ

<その他の参加者の声は、こちら>

おかめ、焼き鳥、流しそうめん!既存の枠に囚われない商品開発を行いました! 〜 山口和歌子さん

おかめ、焼き鳥、流しそうめん!既存の枠に囚われない商品開発を行いました! 山口和歌子さん   4週間のサムライカレー期間中、朝から晩まで考え、動き、話し、店頭に立ち、常にメンバーの中心で大立ち回りを演じていた和歌子さん。 マーケテ…続きを読む

コメントなし

「カンボジアであれだけやったんだから、大丈夫」という確信が、就活で自信を持って戦えた要因でした

永井 惇さん  多摩大学3年の11月にサムライカレーに参加した永井さん。 将来、自分の会社を興したいという予定はあるが、帰国後まずは日本企業に就職することにしました。 そして、やってきた就活。彼の就職活動は山有り谷有りだったでござる。 どん…続きを読む

コメントなし

米村弘海さん〜日本の就活で、アメリカ留学より途上国業務体験が受けました!

日本の大学からアメリカの大学に1年の留学中、夏休みを使ってサムライカレーに4週間参加した米村君。 その後、日本で就職活動。 最初はうまく行かないことも多かったそうですが、あることに気付いてから面接連戦連勝になったそうです。 その「あること」…続きを読む

コメントなし

岡優奈さん 「屋台買って」と頼んだら買ってもらえました。1万5千円で。

岡優奈さん (2014年8月生) セブに英語留学中にサムライカレーを知った、岡さん。 「知る」研修終了後いきなり「屋台買ってもいいですか?」と言い出したときは驚いたでござるが、翌日、本当に買ってきたときにはもっと驚いたでござる。 その屋台で…続きを読む

コメントなし

田中祥子さん 〜 短時間で追い込まれるという環境が、やるべきことを見つけてくれました

田中祥子さん 2015年3月生 たった1週間のサムライカレーの滞在だった田中さんですが、台風のようにガンガン動いて、大きな成果を出していってくれたでござる。 そんな1週間で彼女は何を学び、将来どんなことをしたいと思うようになったのか? サム…続きを読む

コメントなし

 

 

 

 

What’s New