Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

サムライカレープロジェクトの卒業生は、大手商社、自動車会社、テレビ局などの有名企業に就職を決めています。

ただ、闇雲に人気企業に行っているわけではなく、自分がやりたいことができる会社を探し、入社をしています。例えば、誰もが知る大手商社の内定を辞退し、小規模の専門商社を選んだ人もいます。

これは、サムライカレーの中で自分のやりたいことを明確にし、「就活講座」で企業の探し方を学び、自分の考えで会社を選ぶことができるようになっているからです。

そんなサムライカレー卒業生の、就活体験談を聞いてみましょう。

 

ss-22米村弘海さん〜日本の就活で、アメリカ留学より途上国業務体験が受けました!

日本の就活で、アメリカ留学とサムライカレーの話題をエントリーシートに書いたのですが、サムライカレーについて書いた会社は全て選考に通過できました。
他の誰も書かないような体験を、具体的に、しかもビジネスに直結するような形で表現出来たのが勝因だと思っています。
卒業後、内定をいただいた会社で世界を股にかけて仕事をしたいです! ..続きを読む

 

toma大谷冬馬さん 〜 サムライカレーは就職活動で武器になりました!

1月にサムライカレーに来て、帰国後すぐに就活を始めました。
サムライカレーで習ったとおり、マイナーで海外での業務が必須な会社を見つけ出し面接を受けたところ、面接官はベラルーシ人。
彼にカンボジアでカレーを売った話をすると興味津々で即、採用。その夏には社長から「入社前だがドイツに出張に行ってもらう」と言われました。
入社一年後の今は、出張で海外を飛び回っています。 …続きを読む

 

ss2015-03-16-22-45-02西村将之介さん 〜 心は折れてからが勝負!でも、内定は折れる前にいただけました

「サムライカレーの話は、どこの企業の面接官も興味を持ってくれるので、会話をするのに役立ちました。カンボジアで寿司を売るのも、企業の面接でもコミュニケーションが大事なんです。
一方的に話すのではなく、まずは相手に興味を持ってもらい、そこから話し始めることで、信頼関係を築いていけばいいということを学び、実践できたと思います。 …続きを読む

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone