テレビ局内定取得に特化! 実践型ジャーナリズムインターンシップ サムライTVプロジェクト

テレビ局内定取得に特化!
実践型ジャーナリズムインターンシップ
サムライTVプロジェクト

カンボジアの首都プノンペンでの実践型海外ジャーナリズムインターンシップ『サムライTVプロジェクト』。

このプログラムでは、カンボジア・プノンペンで学生の皆さんには2週間
“フリージャーナリスト”として活動していただきます!

海外で、外国人相手の取材経験が積める。

TV局志望の学生が集まるため、TV局の最新就活情報が満載!

英語不問!バイリンガルスタッフ常駐で、一安心。

絶対誰にも負けない志望理由が書けるようになる

TV局内定に必要な知識が身につく!

 

 

[ 日程 ]

サムライTV 2020年春プログラム

2週コース 状況
2月 2/8-2/21 あと3人
3月 3/9 – 3/22 あと2人

 

[ 価格 ]

期間  価格
2週間 180000円

上記金額に消費税はかかりません

お申し込み、お問い合わせはこちら。

※仮予約フォームですので7日間はお席を確保しますが、それまではキャンセル料など発生しません。
※お支払いは、銀行振込になります
※申込み後、申込み金2万円をお支払いいただき、残りの金額を参加30日前までにお支払いいただきます。

 

    

 

 テレビ局への就職は、憧れている人も多く人気の業界だ。有名人に日常的に会える等、テレビ局に華やかなイメージを持つ人は多い。しかし人気の業界であるため、漠然とテレビ局に就職したいと思っても、倍率が高く、採用をもらうのは難しい業界である。

では、そんな中でどのようにして面接官の目に止まってもらえる就活生になれるのか。
答えは、「面接官に覚えてもらい、とにかく面接官との接点を増やすこと」である。
それは分かってる。どうすればいいのか教えてくれ!!
例えば…

実際こんなもんですよ。どれだけ話を盛ったところで「誰でもできること」しか経験してない学生の話に興味を持ってくれないんです。なぜなら、1日に100人以上面接して100回以上似たような話を聞かされるからです。
でも、ここで

てな感じで、これ以上話すと社長に怒られてしまうけど、とにかく面接官に覚えてもらうことなんです。
ちなみにこの記事もサムライTV卒業生が書いています)

具体的に面接が終わったときの評価として、面接官の頭の中を見てみると・・・

これしか印象付けられていません。

しかし学生Dの場合は、

ここまで覚えてもらえるんです!

あとは簡単。聞かれる質問は決まってる。これ。
 -なんで#カンボジア?
 -なんで#SDGs?
 -なんで#記事書いた? 
 -なんで#30ドル?
 -なんで#売った?
これを正直に答えるだけで面接官に覚えてもらえます。

なんで覚えるかって?面接官も同じことをテレビ局内で経験してるからなんです。

 てな感じで、まぁ要するに「テレビ局の社員がやってることよりも断然難しいこと」を経験した上で、「その根拠(実際に執筆した記事を面接中に見せることができる)を示すこと」ができるから、
面接官の印象に残りやすい!というより絶対残るということなんです!

 

 どれだけ自分に注目してもらえるか、どれだけ自分への質問時間を伸ばせるか、自分に興味を持ってもらえなければ、どんなにスペックが高くても正直落ちます!そうならないために、面接が始まる前に武器を作る必要があるんです!海外での、ネタ探し、通訳交渉、取材、記事、執筆、販売。これ全部テレビ局社員が毎日やってることなんです!これ全て自分でやったサムライTVでの経験は、あなたの武器になりますよ!

 

What’s New