『彼らは物質的には貧しいが、心は豊かだ』以上の体験をした学生が、シリコンバレーに行くことになりました

なぜ大学生は、途上国に来ると『彼らは物質的には貧しいが、心は豊かだ』という感想しか持てないのか という記事が、2000RT、5000いいね越えと、壮大にバズっているのですが、この記事では、全ての学生がこのような感想しか持てないといっているわ…続きを読む

国際交流キャバクラ回避のために、学生はなにをチェックすればいいのか

学生の皆さんは、海外スタディツアーやインターンシップから帰ってきて感想が 『彼らは物質的には貧しいが、心は豊かだ』 だけだったらどうでしょう?高いお金と時間を使って行った意味あります? 現地の人たちに接待気味の交流を受けて帰っていくことを「…続きを読む

なぜ大学生は、途上国に来ると『彼らは物質的には貧しいが、心は豊かだ』という感想しか持てないのか

途上国スタディツアーに参加した学生の9割が書く感想 『彼らは物質的には貧しいが、心は豊かだ』 これは、なぜ生まれるのでしょうか。 理由は2つあります。 ひとつめは「これが正解だから」です。 『彼らは物質的には貧しいが、心は豊かだ』と言ってお…続きを読む

弊社運営の大学・学校向けプログラム一覧

(株)スパイスアップ・アカデミアでは、M:I(ミッションインターンシップ)シリーズとして、世界各国でのプログラムをご提供しています。 ここでは、各プログラムの特徴をご説明します 夏休み、春休み開催プログラム M:Iマーケティング&セ…続きを読む

日本の学生を海外インターンに行かせても、大半は成果がでません

日本の学生を海外企業に短期のインターンシップに行かせても、学生が超優秀か、超世話焼きの受入先の社員がいた場合以外は、思った以上の成果を出すことができません。 これは、皆さんが自分の部門に、ベトナム人大学生が2週間インターンに来ることを想像し…続きを読む

海外インターンシップによる大学生の育成 〜その方法と結果

この文章は、異文化経営学会2018年 第2回研究大会 (2018年12月 亜細亜大学)および 第148回次世代大学教育研究会(2018年11月 金沢大学)にて 発表した内容を、まとめたものです。 海外インターンシップというものはどのようなプ…続きを読む

サムライカレーwith関西大学が、日経新聞に紹介されました!

関西大学の、起業体験プログラム@カンボジアが、日経新聞に紹介されてます!(多分、日経は初じゃないかな。。。) このメンバー(無謀にも)カレー売ったんです! なぜか、カレー愛を感じ、カンボジア人が受けるカレーを徹底追求した結果、カンボジアのカ…続きを読む

大学の教員になりました!

本日のプレスリリースで、i専門職大学の客員教員に就任することが発表されました! 大学向けの事業をはじめて3年。ついに教員ですよ! 最近、授業だけでなく、学会での発表も増えてきて、どんどん「中の人」になりつつあります。 とはいえ、やることは半…続きを読む

カンボジアの小学校の運営に うどんを売ることで貢献してきました 〜 桃山学院大学2018年春プログラム

IIサムライカレープロジェクトは、プノンペンのカレー屋でマーケティングから販売までを体験していただく、海外インターンシッププログラムです。 年間100人以上の学生が受講しているプログラムで、全国97の大学から参加、15の大学・専門学校の単位…続きを読む