短期海外インターンとスタディツアーって何が違うの?

夏休みや冬休みで1-2週間くらいの短期インターンを体験したい
会社の休みを使って海外で経験を積みたい
という人はたくさんいると思います。

この際の選択肢として、
海外インターン 短期 と、スタディツアーがああります。
どちらも似たようなものかと思われがちですが、得られるものは大きく違います。
こちらを簡単にご説明します。

lgi01a201404181700

スタディツアーは、「娯楽」です。
提供先が用意した、観光地や、ボランティア先や、起業家講演を、見て・聞いて回ることができます。
ツアーですので、見聞きするものは全て準備されており、レールの上にのって効率よく短時間でたくさんのものを見ることができます。

短期インターンは、短期間の「投資」になり得ます。
受け入れ先の企業によって、やることをたくさん与えてくれる場合もありますし、そうでない場合もあります。

自分で仕事を体験することができるのは大きなメリットですが、受け入れ先が放置気味の担当者だった場合、自分から積極的に動かないと得られるものは少ない可能性もあります。

どちらがおすすめかは、あなたのやりたいことによります。

とにかくたくさんのものを見てみたいのであれば、スタディツアーでいろいろなものを見てみましょう。非常に楽しい1週間になると思います。

今後、自分が何をしたいかを見つけたいのであれば、短期インターンをおすすめします。自分で本気で仕事をしてみることで、自分がその仕事に向いているのかいないのか、海外で働くのに向いているのかいないのかを見つけることができます。

特に、このあと就職活動を控えているあなたには短期インターンをおすすめします。
スタディツアーは、あくまでも娯楽なので、就職活動で役に立つことはほとんどありません。
企業が面接で知りたいことは、あなたが何を見たかよりも、あなたが会社に入ったあとどんな行動をしてくれそうかです。

短期インターンでこんな課題を与えられ、こんな苦労をして、こんな結果を出すことができました。だから、御社に入ってからも、こんな事をして貢献ができるはずです。

という事を言うためには、だれかに見せてもらうのではなく、自分で行動することが必要となるのです。

夏休み、冬休み、春休み、文化祭期間、シルバーウィーク、大学生のみなさんにチャンスはたくさんあります!
ぜひ、海外で自主的に働く体験をしてみてください!

 

サムライカレーと普通のインターンは何が違うの?

サムライカレーは「インターン型研修プログラム」と銘打っており、インターンと近いものがあります。
しかし、大きな違いがひとつあります。

images (2)

サムライカレーは、インターンを受け入れるために作った会社である

ということです。

通常、インターンとは営利目的で作られた会社に無償・もしくは有償で入り、業務の体験をさせてもらいます。その会社の業務を学ぶことができる反面、(あたりまえですが)その会社の利益に貢献することが必須になります。

あくまでも、会社全体の利益を上げることが第一目的で、インターン生の成長の優先順位はその次になります。

会社の業務を学べるというメリットはありますが、会社によっては雑用ばかりをやらせてバイトをしているのと変わらないという場合もあります。実際、大企業の短期間のインターンは、下手に業務に手を入れられて面倒なことが起こると困るため、業務と直接関係のない調査などを行わせ、レポートを提出させ、プレゼンをさせ、褒めて、終わりということがあります。(むかし私が在籍していた会社でもありました)

実際、インターンで人を受入れ、様々な業務を教えるというのはものすごく手間がかかります。特に最初の1週間はほぼつきっきりで人を貼り付けなくてはならないくらいです。(企業の新入社員研修を考えれば分かると思います)
インターンを受入れ、インターン生を成長させるというのはそれくらい大変なことなのです。

サムライカレーは、そのようなインターン生の受入、育成のために作られた会社です。最初の一週間は手間暇かけてカンボジアでの生活や業務になれて頂き、二週間目はやることのお膳立てをした上で研修生に活動をしてもらいます。
そうすることで、3,4週間目で自分たちで計画を立て、業務を行えるように成長をしてもらうのです。

サムライカレープロジェクトの優先順位は、
1.研修生の成長
2.お店の利益
です。

研修生の成長に役に立つのであれば、赤字の可能性が高くてもその業務を承認します。そして、実際赤字が出た場合には、そのことを振り返って頂き、原因を究明し、リベンジを促します。

研修費用の対価として、
1.業務に関する教育
2.「やってみる」ためのお膳立て
3.「やってみる」ための予算提供
を行うのがサムライカレープロジェクトなのです。

きちんとした企業の業務を盗みたい人はきちんとした企業のインターンをおすすめします。なにかをやってみたい!という人は、ぜひサムラカレーへ。
あなたの自主性を、後押しします!

そんな、 海外インターンシップに参加したいけど、そこで何をやらされるか不安という方は、ぜひサムライカレープロジェクトの研修内容をご覧ください。

side14_10

side14_12

 

 

5/11(日) サムライカレープロジェクト報告会 @東京 やります!

2014/01/06からスタートしたサムライカレープロジェクト!

scTitle

飲食経験のない日本人が、いきなりカンボジア・プノンペンにカレー屋をオープンさせるという無茶なミッションを背負って右往左往。

開始四ヶ月。参加者も15人を越えて、20歳から44歳まで、老若男女があの手この手でカレー屋を作り上げています。
「看板って、どこで作ればいいの!?」「カンボジア人がもっと辛くて、もっと甘い方がいいとか言ってくるんですが!?」「英語つうじねえええええええ!」
など、手探り&体当たりの日々!

そんなサムライカレーの報告会を2014年5月11日日曜日に行います。

s写真 2

サムライカレー卒業生も参加!
カレー屋体験の生の感想も聞けちゃいます!

curry-pan

新興国のビジネスに興味がある人も、若者の冒険物語を聞きたい人も、サムライカレープロジェクトに参加したい人も、ぜひぜひご参加ください。

button05_moushikomi_02

参加費、たったの1000円!前回は約50人にお集まり頂いたのですが、今回は会場の都合上30人しか入れませんので、お早めにお申し込み下さい!

※イベントでは、会場の都合上、椅子ではなく床の上の敷物に直接座っていただく可能性がありますので、服装にご注意ください。

※サムライカレープロジェクトとは
「ケーススタディではない、リアルスタディ。新興国起業体験プログラム」と題して行われる、超実践型研修がサムライカレープロジェクトです。
受講生の皆様は、王立プノンペン大学内の研修組織CJCCのサポートを受けながら、プノンペン市内のカレー屋「サムライカレー」の起業体験をすることができます!
新興国でのビジネスを体験したい人、仕事の楽しさを知りたい人に最適の研修です!

詳しい研修内容はこちらをご覧ください。