カンボジアで猫ひろしのマーケティングリサーチをしてみた

サムライカレープロジェクトでは、研修プログラムとして、研修生のみなさんにカンボジアで商売をおこなっていただきます。

しかし、いきなり商売をしろ!といっても、動ける人は限られています。そこで、最初の1週間で、我々が課題を出していって、それをクリアしていくことで、カンボジア人に慣れたり、マーケティングの4PやPDCAサイクルなど、商売の基本を実践的に学んでもらいます。

その最初の課題として行われるのがリサーチです。

12105823_10206511511845402_5060429622401795742_n

カンボジア人に何かを聞いたり、食べてもらったりして調査をすることで、カンボジア人とのコミュニケーションの取り方を学びながら「外人怖いアレルギー」をなくしていってもらいます。

例えば、リオオリンピック終了直後の2016年9月生の最初の課題は
「猫ひろしの知名度を調べるでござる」でした。

157
カンボジアの首都プノンペン、中心部からちょっと離れた「ロシアンマーケットエリア」で、カンボジア人50人以上にアンケートをとって、猫ひろしの知名度を調べます。

カンボジア国籍を取り、マラソンでカンボジア代表としてオリンピックに出場した猫ひろし。日本で「カンボジア人に失礼だ」などという批判もあったので、実際カンボジア人はどう思っているのかを調べてみたわけです。

これを調査するにあたって、大切なことは、聞き方です。
まず「猫ひろし」というのは日本の芸名であり、オリンピックにカンボジア人として出場した名前を調べる必要があります。

そして、カンボジアの人たちは基本いい人が多く、期待に応えようと頑張ってしまうため、知らなくても「知ってる」と答えてしまいがちです。これを避けるために、ちょっとしたクイズ的なものを入れる必要もあります。

さらに、カンボジア人は日本語はもちろん英語も読めないので、サムライカレーカンボジア人スタッフにクメール語に訳してもらいます。
こうやってできたアンケートが、こちら。

sIMG_1352

これを50枚印刷して意気揚々と出て行った研修生は、1時間後に疲れ果てて帰ってきました。

「このアンケート、メチャクチャ時間がかかります……」

アンケートというものになれていないカンボジア人が多数。
そして、クメール語の読み書きができない人も多数なので、このアンケート用紙を渡しても、彼らにはいったいなにがなんなのか分からないのです。

そのことを、身振り手振りを交えながら説明していくと、一人のアンケートをとるのに10分くらいかかってしまいます。これではどうやっても、50人のアンケートをとることはできません。

「語学ができることと、コミュニケーションがとれることは同じではないという意味がよく分かりました」

言葉が読み書きできないという以前にアンケートというものがよく分からないのですから、一目見て何をしていいのか分かるような体裁にしなくてはいけません。
さらに、言葉が読めなくても答えられるような形式にする必要があります。

そのためにはどうすればいいか?考え結果できたアンケート用紙が、こちら。

sIMG_1353

基本写真だけで会話をする。そして、書かせるのではなく、選ばせる。
これだと、「この人、知ってる?」だけで話が済みます。

そして、本当に知っているかを確認するために、この人がやっている競技はなんでしょう?という次の質問も用意します。

sIMG_1346

また、せっかくなので、「オリンピックそのものの知名度はどれくらいなのか?」「アジア大会テコンドーで金メダルを取ったソーン・シウマイさんはどれくらい有名なのか?」もあわせて聞いてみることにしました。

この改善策は大成功で、残された時間で無事に74人のアンケートを取って、 任務達成。

「カンボジアの人たちとのコミュニケーションの仕方がわかった」
「話しかけたら一生懸命答えてくれた。友達もできた」
と、この課題の意図も理解し、今後の商売に役立つスキル、心構えを会得してくれました。

このように、まず海外に慣れることからスタートし、商売をするためのスキルを学んでいくのがサムライカレープロジェクトの第一ステップ。
ひとつひとつ階段を登っていくことによって、海外でも働けるという実績を作れるのです。

ちなみに、猫ひろしの知名度はどれくらいだったのか?
注目の知名度は、こちらをご覧ください。

サムライカレープロジェクト1週間コースはこんな感じ

サムライカレープロジェクトは、最短1週間からお申し込みを受け付けております。

たった一週間でなにができるの?と思われるかもしれませんが、1週間でみっちり詰め込んで行動ができます。2015年8月のお盆休み、8/10(日)〜8/17(土)まで参加した社会人の方が、どんな体験をしたかをご紹介します。

Day0

8/10(日)
日本からプノンペンに香港経由のフライト。たまたま同便に乗る予定だった他の研修生が遅刻するというハプニング(結局彼女は翌日の便で到着)
プノンペン到着後、タクシーでサムライカレーに。いきなり、近所の小綺麗なカンボジア料理屋に連れて行かれる。意外と美味しいカンボジア料理。

そして、夜にはサムライカレーの近所で、日本のサッカークラブが主催するフットサルに参加。プロサッカー選手も参加する本格的なフットサルで初日からへとへと。

Day1 8/11(月)
今週の課題「わさびはカンボジア人に受けるのかを調査せよ」が課される。
意味がわからない。
しかも、マーケティング調査をカンボジアサッカーリーグの試合会場でやるらしい。ますますわからない。

そして、午前中、サムライカレー周りのカオスな街並みや、建築ラッシュの様子、大失敗した感のあるショッピングモール(っていうか市場)、最新型コンドミニアムの建築予定地などを見学。これらがすべて徒歩圏内にあるのがすごい。

Untitled

午後は、いきなり、市場調査をしてこいと言われ、午前中に回った圏内の店に聞き取り調査に。カンボジア人向けのレストランの単価は、予想以上に、安い。

Day2 8/12(火)
午前中、市場調査をイオンモールで。
1階の現地人向けフードコートと、3階の裕福層&外国人向けレストラン街の格差がヤバイ。午後から、先週サッカー場で販売をしたメンバーからスキルトランスファーを受ける。
ちゅか、第1回のサッカー場での調査、明日なんですけど。慌てて準備にとりかかる。

課題は、先週現地の人たちに受けた、鳥のテリヤキに付けるソースの調査。
たくさん売れたテリヤキソース、我々に課されたわさびマヨネーズソースに加えて、スーパーで見つけた、どこのお店でもカンボジア人が食べているチリソースをチョイス。
目標は50人にアンケートをとり、嗜好を知ること。せっかくなので、販売も行う。目標40個!

夜はサムライカレー研修生、カンボジア人スタッフ、英語の先生みんなで、カンボジア式焼き肉!
腹一杯食べて、一人あたり6ドル。安すぎる。しかし、肉は硬い。

Day3 8/13(水)
午前中から準備をはじめ、試合会場にトゥクトゥクで荷物を運び込み、アンケート開始!

IMG_0403
結果は意外と…わさびは…死亡…。
しかし、いかにも金持ちそうなカンボジア人の子供がわさびを10個まとめ買いしてくれたりして、カンボジア人と一言でいってもいろいろだなと言うことを体感。頭ではわかっていても、ホント、違いすぎる。

そして、首位vs3位の好試合からか来場者数が思ったより多く、40個の在庫は試合開始を待たずして、完売!ただし、ビールが大量に売れ残る。土曜日はもっとたくさん売ろう!

昨日の結果をまとめ、レポートに。
あまりにもハッキリと出た結果に、メンバー内で「調査はもういい!土曜日はもっと売ろう!」という結論に。
昨日の反省点を書きだし、修正点を洗い出し、「サッカー場での販売マニュアル」を作成。土曜日の販売でこのマニュアルにさらに磨きをかけよう!

夜、初・中級者向けのフットサルにも参加。

Day5 8/15(金)
昼から、サムライカレーの近所にある「タヤマ日本語学校」で講義をさせてもらう。

s11868583_142228046115620_1756853734_n

この学校は、カンボジア人の人たちに無料で日本語および日本の礼儀を教えている学校。
その生徒のあまりの元気の良さに圧倒される中、サッカーの魅力を伝える。
我々以外のチームは、明日、彼らをお店に呼んでお祭りを行うらしい。生徒の中にサッカー好きの子がいて、彼は試合を見に来てくれるそうだ。

夜、プノンペンの北朝鮮レストランで食事&喜び組の人の歌と踊りを堪能。芸達者すぎてヤバイ。
メンバーの一人が誕生日だったため、喜び組に誕生日を祝ってもらうというスゴイイベントが発生。

sIMG_0443

アメイジング。

Day6 8/16(土)
試合会場で販売開始!

sIMG_0448

あれだけ準備したのに、ディスプレイ用の台を忘れるという痛恨のミス!それでも、いまあるものでなんとかしなくてはならない!創意工夫!

そして、暑さからか、周りの屋台が増えたからか、前回より客数が増えたにもかかわらず売上は伸びない。ただ、ビールはあっという間に完売。
天気、状況によって売れ行きは全然変わる。販売って難しい。

それでも最後まで諦めず、会場内で売り歩く、先にソースをかけてから販売など、工夫を重ねて、何とか目標数の半分を大幅に超えるところまで持っていった。
この個数も、この会場では過去最大の売上なのだが…悔しい。このリベンジは後続に託そう。

Day7 8/17(日)
朝、サムライカレーを出発して、日本へ。体力限界。明日から出社できるのか…。

sIMG_0452

これは、筆者が勝手に参加者の人に成り代わって書いた文章なのですが、ホントにこれくらいのことが1週間でできてしまうプログラムです。特に1週間の人がいる期間は、意図的にイベントを詰め込んで、考えるまもなく異次元体験をたくさんしてもらいます。

原則毎週月曜日から受入中!
一緒にカレー屋やりましょう!

side14_01

side14_13

 

サムライカレーがカンボジアのテレビで特集されました!

カンボジアの人たちに日本のカレーを広める!という目標で始めたサムライカレー。
その壁は予想以上に高く、わずかながらカンボジア人の常連客もついてくれたものの、まだまだメインのお客様は西洋人(アメリカ人とかフランス人)と日本人です。

そして、3月11日には、カンボジアの人たちへの震災への寄附やメッセージの感謝の気持ちを込めて、サムライカレーで無料カレーパーティーをやりました。
直前の告知だったにもかかわらず、50人以上のカンボジア人の人たちに来て頂き、カレーを楽しんでもらいました。

sIMG_6559

普段は動物NGですが、今日は特別に隣の犬にもご来場いただきました。

この告知は、路上だけでなく、300人くらいの会場で行われた絆フェスタの柴田三兄妹 津軽三味線コンサートのあとでも行いました。

sIMG_6541

これは私ではなく、今回の会を開催するきっかけを作ってくれた、ちょんまげ隊のツンさん。

そしたら、なんと、このイベントにテレビ局が取材にきてくれました。

当日、カメラとインタビュアーと通訳でやってきたTV局

sIMG_6573

カンボジア人で賑わう店内で、早速社長インタビュースタート!

sIMG_6588

以下、実際に放映されたテレビの画面です。

sスクリーンショット 2015-04-06 13.55.53

しゃべる社長。

sスクリーンショット 2015-04-06 14.01.45

お客さんと話す社長。店員多すぎ。

sスクリーンショット 2015-04-06 14.00.30

つまらなそうにアイスクリームを食べるお客様

sスクリーンショット 2015-04-06 13.59.44

人いっぱい。普段の日もこれくらいよろしく。

sスクリーンショット 2015-04-06 13.58.58

料理を持ってご紹介だが、普通はこういうことは女の子がやると思う。

sスクリーンショット 2015-04-06 13.58.03

みんなで記念写真まで放送されました。

sスクリーンショット 2015-04-06 13.57.28

外観はこんな感じで。

どんな感じで放送されたかはクメール語なのでさっぱりわからなかったのですが、わざわざスタッフに訳してもらうほどでもないのでスルーしました。

実は、このSea TV以外にもう一局取材に来て、放映もしてくれたはずです。
「放送終わったら、DVDとどけるからね!」と言っていたのですが、その後音信不通。めんどくさいので、まあ、いいか。

ちなみに、この放送でカンボジア人のお客さんが増えた!ということは一切感じられません…。カンボジア人集客への道、険しい…。

海外で商売をする難しさ 寿司のご飯に酢を入れるべきか?

前回お伝えした、突撃!サムライアンケート

サムライカレー研修生が、周辺50店の店をリサーチし、その結果を基に新メニューの仮説を立て、実際に周辺のターケット顧客である西洋人の人たちにアンケートを取り、決めた結論、それは

「サムライカレーで寿司を売る」
でした。

ssushi

サムライカレー周辺で流行っている店は、
「ブルックリン出身のニューヨーカーがやっているハンバーガーショップ」や
「カンボジア人の金持ちがやっているお洒落なクメール料理店」など、自分の出身地を活かしたお店。

アンケートに答えてくれたアメリカ人の
「ハンバーガーやオーガニックフードの店なんて他にもある。
 おまえら、日本人だろ。寿司をつくれよ。オレは寿司が食べたいぞ」
 の助言をそのまま活かすことになったのです。
 
 メニュー選定、材料調達、カンボジア人スタッフに寿司を巻かせる特訓など、幾多の困難をクリアし、絆セミナーというセミナーで出した試作品は上々の反応をいただきました。
 これは、いけるぜ!
 
 しかし、まだ不安は残ります。
 先日、あの安藤美冬さんがサムライカレーにいらっしゃったので、
 

スクリーンショット 2015-01-23 10.35.46
 
 その後一緒にイオンモールに視察。
 そして、異常に興味を持ったのが、イオンモールの中の回転しゃぶしゃぶ屋。
 回転寿司の要領で、肉とか野菜がまわってくるしゃぶしゃぶ屋です。

「いや、そこはカンボジア人には大人気だけど、日本人的には…」
 それでも、突撃。

sIMG_6181

 案の定、
「野菜は美味しいけど、肉は…。」
でも、カンボジア人の好きな肉はおそらく、この堅い肉なんです。私も以前、カンボジア人スタッフに「カンボジア人に一番人気のある焼き肉屋に連れって行ってくれ」といって案内された焼き肉屋の肉がこの硬い肉だったので。

味の好みは深淵である…と、このしゃぶしゃぶ屋のおまけメニューの寿司。これを食べてみると…「ご飯が酢飯じゃない…」

さあ、これが何を意味するのか?
カンボジア人が酢飯を嫌いなのか? 単にこの店のシェフが寿司のご飯には酢を入れることを知らないのか?
前者であったとして、サムライカレーのメイン顧客である西洋人は酢飯は好きなのか?酢飯と酢なし選択制にするとしたら、コストはどうなるのか?

さあ、新たな検討課題が出てまいりました!

こんな感じで、サムライカレーは日々手探りで課題を見つけ、解決していく研修プログラムです。
こうやって、思いも寄らないニーズや課題を見つけ出し、検証方法を考え検証し、実行してお金を稼ぐという経験は、就職活動のエピソードに使えるだけではなく、会社に入ってから、自分で独立してから、間違いなく役に立つ体験になります!

ぜひみんなで一緒に、カレー&寿司屋、やろうぜ!

サムライカレープロジェクト無料説明会、1/30(金),2/14(土)にやります!
遅刻早退その他諸々なんでもOK!お気軽にどうぞ!

setsumeikai_w276

あるサムライカレーの1週間 突撃!サムライアンケート

サムライカレープロジェクトの最初の一週間は「知る」研修。
カンボジア・プノンペンについての情報を知ることを中心とする研修です。

ss2014-03-15 9.52.14

この研修は、研修生のプロフィールや、お店の状況などによって、フレキシブルに内容が変わります。今回は2015年1月生の研修生の内容はこんな感じです。

サムライカレーは今、新しい顧客層開拓に向け、新メニューの追加を準備中です。
1月生の課題は「新メニューの方向性を探る」です。
その方法を、下記の様な手順で行う事にしました。

1.サムライカレー周辺にあるレストランをしらみつぶしに確認する
2.それらのレストランで流行っている店はどこかを調査する
3.流行っている店の流行っている理由を調査する
4.調査結果を踏まえて、数パターンの新メニューイメージを作る
5.新メニューイメージをお店周辺にいるターゲット層に見せて、人気投票をする
 ここまで、1週間。アグレッシブな「知る」研修です。
 
まずは、レストラン探し。いくよー!

sIMG_5893

そして、1日後、できたー!

sIMG_5952

翌日には、その中で
・流行ってそうな店
・流行ってるのか微妙な店
 をピックアップして、半日その店に張り付いてどんなお客さんが何人、何を頼んでいるのかをチェック!

sIMG_5902
 
 わんさかお客さんがくるところもあり、さっぱりなところもあり、顧客層も様々。
 実際自分の目で見ないと分からないことばかりです。
 
 そして、流行っている店のいいところをパクろう!から、サムライカレーのあるべき姿について、いくつかの試案をつくりました。
  これらの試案を1枚でわかるような資料に落とす!

sIMG_5956

 そして、再び街へ!
 道ばたにいるターゲット層に片っ端から声をかけて
「これらの店の中で行ってみたい店はある?」
「今ココにいるのは、家が近いから?オフィスが近いから?買い物ついで?」
などの質問をして、情報を集めていきます。

sIMG_5954

 たくさんの人と話しをしていると想定外の話しも出てきます。
「これらの店は、他にもあるじゃないか。
  おまえら、日本人なんだから○○を売ればいいじゃないか!
  オレは食べたいぞ!」
 
 ソレダ!
 と思う意見は速攻で受入れ、その日のうちに仮案の4番目として追加。
 翌日からはさらにブラッシュアップしたアンケートを勧めていきます。
 
 こうやって、
 情報収集→詳細分析→仮説作成→検証 の流れを一気に1週間で行う。
 これが、サムライカレーです。
 

sIMG_5962
 
  この結果を、店長に発表し、意見をもらい、来週からは実行フェーズに移ります!

 こんな感じで、1週間で行動しながらカンボジア・プノンペンについて学んでいくサムライカレー!
 この過程があるから、2週目以降の「やる」研修がおもしろんくなるんです!

 

サムライカレーの初日は何をやるのか?

サムライカレープロジェクトは、最初の一週間は「知る」研修として、カンボジアについて、プノンペンについて知ってもらうことを目標としています。 以前は、空港から到着したらいきなりサムライカレーパンが置いてあり、 sP1040466 「じゃ、これを路上で売ってきて」 というブラックなこともやっていたのですが、刺激が強すぎるので、最近は徐々に慣れてもらうことにしています。 と、いうわけで、サムライカレープロジェクトの初日は、お店の周りとイオンモールを「知る」研修。なんというか、散歩です。 ここで自分の身体をもって体感して欲しいのが、「昭和と21世紀が混在する街、プノンペン」 特に、サムライカレーの顧客は20世紀の街で生活しているので、彼らを見て欲しいのです。 企業の視察で一番残念なのは、いきなり2014年にできたイオンモールプノンペンにいってしまうこと。21世紀の日本から飛行機で来て、いきなり21世紀型イオンモールに行っても感動はありません。 そこで、サムライカレープロジェクト、最初のミッションは SamuraiMission140113 適当な地図を渡されこんな街にほおり出されます。 s10267768_303095003181675_8494005725020220819_n 目的地は、コレ。 スクリーンショット 2014-08-26   18.20.57 このCGで塗り固められたショッピングモールの真の姿を見たときに、あなたはカンボジアの現実を知ることになる…。 で、恐怖のズンドコに墜ちた後で、いくイオンモールの素晴らしさ! sスクリーンショット 2014-08-26 23.29.26 この落差が2014年カンボジアの真の魅力。 そして、そんなカオスの中でサバイブしながら、カレー屋を始めるのです!オラ、ワクワクしてきたぞ!

こんなウォーミングアップを経て、翌日から、本格的なサムライ「知る」研修になだれこんでいくのです!